ホーム > 着物お役立ち > 半衿の付け方

半衿の付け方 長襦袢の半衿を縫い替える

半衿の付け方

長襦袢に半衿を縫い付ける手順を紹介します。半衿は白だけでなく色、柄、刺繍など様々。着物に合わせて付け替えることも和装の醍醐味です!また、衿は最も汚れやすい部分なので、外して洗うこともあります。自分で簡単綺麗に半衿を付け替えることができると、着物を着る楽しみが広がります!

〜「和裁士に教えてもらう・半衿の付け方講習」の画像 〜 平成26年11月

 
 

①半衿の両端1㎝位内側に折ってアイロン掛け→1㎝間隔で縫っておく。表側は少しだけすくう。
②横に1㎝内側に折ってアイロン掛け
③長襦袢の外側、地衿の端に添って、先ほどの半衿の折り目を合わせる→半衿の中心と背中心を合わせマチ針→両端をマチ針→更にその間にマチ針。張りすぎず、緩すぎず。

 
 

④端は返し縫いで始める
⑤1㎝間隔で縫っていく。裏は地衿の端を少しだけすくう感じ。くけ台・かけ張りがあると便利。

⑥衿を内側に返して、マチ針を横に入れる。外側と同様に真ん中→両端→その間。衿芯が通る巾は必要。

 
 
 
 

⑦端のマチ針の位置がポイント。内側は表側よりも少し広めに巾をとる(着装時のカーブで内側がたるまないように)。縫い代の端から縫い始め、角をしっかり留めて横に縫い始める。表1㎝、裏1㎝(地衿を通る)間隔で絎けていきます。
 ※女性は衿を抜いて着るので、内側は糸が見えないように絎(く)け縫いします。

⑧当て布をしてアイロンを掛けて仕上がり。